愛車を少しでも高価格で売るにはどんな点に注意すべ

新しい車に買い換える場合、現在まで使用してきた車は販売業者で

新しい車に買い換える場合、現在まで使用してきた車は販売業者で古いほうを買い取ってもらう方が割合が大きくなっていると思います。

でも、専属の販売店での調査では年式と走行した長さで決められてしまう事がだいたい多くなっていますから、新車ではない車を扱う市場で、人気がある自動車でもそんなに高額な買い取り価格は期待することはできないでしょう。

一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、この車は何年落ちだなどと言います。

基準になるのは製造された年ではなく、その車が初めて登録された年数ですから間違えないようにしましょう。価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば驚くほど低価格になりかねません。

売る方にすれば気の毒な話ですが、購入者視点で考えると状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

先日、結婚を機に、これまで乗っていた軽を売って、今度は大型車に買い換えました。

中古車なんか売ってもどうせ、二束三文だろうと勝手に思っていたのですが、見積額を聞いてびっくりしました。考えていたより随分と提示された買取価格が高かったのです。買取業者の話では、軽自動車は人気があるので、良い値段で取引してくれるのだそうです。父が十四年間乗った愛車であるワゴン車を買い替えしようとしていました。

ちょっとした知り合いの車買取業者に、父の車を見てもらうと、年数もかなり古くなっているし、質も悪くなっているので、廃車にした方が良いと薦められてしまい、買い取りをしてはもらえませんでした。ただ廃車にすると諸費用がかかってしまうので、私の父はその車を査定業者へ引き取ってもらっていました。

新車に乗り換え、買い替えをする時に、今まで乗ってきた車を元のディーラーで下取りに出すケースがたくさんあると思います。しかし、大半のケースでは、下取りでは満足するような買い取り価格をしてもらえることはないものです。一方で、中古車買取り専門店に売ると、車を下取りに出す場合よりも、高い価格で買取してもらえる可能性が高いでしょう。

買取希望の車の査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで幾分査定額は高く出ると予想されます。

事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、嘘をついたりせずに伝えましょう。これらの査定基準を確認してから、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、値段がつけられないと言われることも多いです。

とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

そういった車を専門に扱う業者であれば、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

車の買取査定を申し込みたいけど、個人を特定されかねない事は教えたくないという人も多いのが現状です。

しかし、匿名で車の査定を行うというのは無理です。メール査定ならば可能な気がしますが、残念ながら必要最低限の個人情報は入力しなければならないので、匿名希望は無理です。

車を査定する時は、個人情報を相手に伝えることが義務なのです。

車を手放す際の方法としては、ディーラーに下取りって貰う方法もあります。でも、ディーラー下取りは、中古車を買い取る業者に頼むよりも値段が安くなってしまう場合が珍しくありません。

他にも、オークションに出品するというやり方もありますが、手数料など、損する可能性も低くないという悪い面もあります。

自分の車を売却する場合には色々な書類を揃える必要があります。

その中でも自動車検査証、つまり車検証は、とても大事な書類です。

他には、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。

印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を用意しておく必要があります。ほかにも、実印も必要となるので、きちんと用意しておきましょう。